勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

大ネズコをご存知?

オンライン飲みの文化はあと50年くらい残ってほしい、大使です。

 

 

家にいる時間が長くなると運動不足になりますね。

飛騨高山は下界に比べると空気は綺麗かと思いますが、街中に住んでいるとそこまで綺麗かどうかが分からなくなります。

当然下界に下りれば、住んでいるところの空気が綺麗と分かりますが。

 

人間は時々空気の綺麗な場所へ行きたくなる生き物。

皆さんが想像する空気の綺麗な場所って?

 

僕は木々に囲まれた場所。

あわよくば、大きな木がある場所。

 

 

ある日、自然をこよなく愛する僕の師匠(25)は言いました。

「ネズコミニイコウヨ」

 

ネズコ...

あそこか...

 

というわけである日、「ネズコ」へ行ってきました。

 

場所は奥飛騨温泉郷平湯。

高山市内からは40分ほどで着くでしょうか。

 

日本の屋根飛騨山脈の麓。

ツキノワグマニホンカモシカ、猪など多くの野生動物が生息する森。

そこにネズコなあります。

こちら。

f:id:gk-murai33-gk:20200603220443j:plain

 

平湯大ネズコ

であります。

 

樹齢推定1,000年

樹高約23m

幹回り7.6m

 

いわゆる、巨木。

全国各地に巨木というものはたくさんあるでしょう。

屋久島の屋久杉、佐賀県の大楠、来宮神社の大楠など...

 

しかしこの大ネズコ、

標高1,500mに位置しております。

ここまで標高高い場所の巨木は珍しいです。

 

厳しい冬を超え、おそらく一年の半分が雪の中。

そんな場所に1,000年以上も。

 

すごくないっすか!

生命力!

駐車場からここまでの道も決して緩やかではなく、しっかりとした靴が必要。

そして、クマも出る...

こわ。

 

そして師匠(25)のカメラワーク。

f:id:gk-murai33-gk:20200603230259j:plain

 

「この角度がかっこいいんだよね~」

寝転がった者にしか見えない景色。

6万円の靴が光ります。

 

 

しかしこの巨樹、パワーを感じますね~

1,000年ずっーーーーーとこの場所で世の中を見てきたんですね。

奥飛騨温泉にも入ったという武田信玄も見たんでしょうね。

どんな感じの人だったんでしょうか。

 

木には物語もあり、パワーもある。

 

 

そしてこの巨樹を囲む自然もまた、手つかず。

植林された場所の方が少なく、ありのままの自然が残っている。

f:id:gk-murai33-gk:20200603230504j:plain

 

オシダの群生地。

あちらこちらにオシダが生えており、ジュラシックパーク感がすごい。

ジュラシックパーク感はこんなとこにも。

f:id:gk-murai33-gk:20200603230939j:plain

 

クマの爪痕。

僕の友達の専門家によればだいぶ古いものだそうだけど、確実に存在はしている。

これはコシアブラの木です。

 

春蝉の抜け殻も。

f:id:gk-murai33-gk:20200603231420j:plain

 

夏を感じ、春を見る。

動物や虫、植物が生きやすい環境。

 

僕たち人間は完全に部外者だ。

”おじゃましている”という気持ちを持って山を散策したい。

 

 

植物も動物も虫も災害も、人間は決して勝つことができない。

都会の人間は人間が頂点と思いがちだが、田舎の人間は決してそんなことは思わない。

僕たちはあくまでも底辺で存在している。

 

なにか攻撃をしかければ必ず逆襲が来る。

 

僕たちは寄り添いながら生きていかなければならない。

共生というやつでしょうかね。

 

 

誰かが上で誰かが下。

なんて考えではなく、みんな平等なんですよ。