勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

どう考えてもお得すぎるホテルに泊まってみた

今年は何回有名人に会えるでしょうか、大使です。

 

 

県民割第八弾であります。

こんばんは、ホテル大好き、大使です。

 

なんと!

県民割が第四弾やるってよ!

ありがたや~

ということで、これからも泊まっていきたいと思います。

 

 

さて今回は、僕の家から歩いて4分20秒のホテル。

f:id:gk-murai33-gk:20211230081242j:plain

 

スッと町並みに溶け込むデザインながら、圧倒的存在感を放つホテル。

かっこいいよな。

前から泊まりたいと思っておりました。

 

ちなみに、今回もご覧の通り大雪。

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20211230081520j:plain

 

夏、ちょろちょろ出ていたお水も冬ばかりは止まっておりました。

凍っちゃうもんね。

f:id:gk-murai33-gk:20211230081702j:plain

 

HOTEL WOOD

であります。

おしゃれやなぁ。

 

さて、エントランスの扉を開けよう。

f:id:gk-murai33-gk:20211230081846j:plain

 

ここで驚く。

入口の扉がまさかの手動。

 

今思えばこのホテル、エレベーター以外は基本的に手動の扉だった。

いいじゃない、手動で開けようよ。

f:id:gk-murai33-gk:20211230082042j:plain

 

綺麗に整っております。

はなももも飾られております。

もちろん奥の扉も、手動。

 

チェックインします!

受付カウンターの横には...

f:id:gk-murai33-gk:20211230082307j:plain

 

ラウンジ。

なんだここ~!!!!!

素敵すぎんか。

ここで過ごす時間はきっと素晴らしいはずだ。

 

奥でお仕事している人がいる....もしや...

ワーケーションとしても使いやすいのかな。

f:id:gk-murai33-gk:20211230082508j:plain

 

建物は南北に長いです。

エレベーターは真ん中にしかないので、端っこの部屋になったらちょっと歩く。

なので、階段を使った方が早く部屋に着ける場合とかあります。

f:id:gk-murai33-gk:20211230082843j:plain

 

部屋は非常にスタイリッシュ。

鏡が、デカい!

洗面台の前だけではない...

f:id:gk-murai33-gk:20211230083051j:plain

 

ベッドスペース。

小上がりの畳スペースにポツンと置かれた独身30代用のベッド。

たぶん本来は二台ベッドが置かれているんでしょうね。

たぶん縦に二台並んでいるかと。

椅子や机も飛騨の家具メーカーのモノ。

f:id:gk-murai33-gk:20211230083455j:plain

 

お気づきだろうか。

部屋にテレビがないのです。

テレビっ子の僕は不安にかられます。

たぶんコンセプトがね、「自分を見つめなおす」みたいな感じかな?笑

f:id:gk-murai33-gk:20211230083653j:plain

 

僕は用意されたお水は必ず持って帰る主義。

だいたいどこのホテルも飛騨のお水。

こういうところは各ホテルこだわりとしていいですね!

 

さて、浴場へ行きます。

体が冷えてますからね~

f:id:gk-murai33-gk:20211230083906j:plain

 

ムーディーですね~

hotel aroundもそうでしたが、風呂がエロい。

今はこんな感じがブームなんでしょうか。

そして、照明は暗め。

 

ちょっと狭かったなぁ。

敷地の問題とか高さ制限とかありそうだからこの面積でも仕方ないけれど。

温泉でもないので、入湯税は徴収されません。

 

おススメホスピタリティポイント。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084159j:plain

 

湯上りのアイスもあります。

なんだかんだミルクが一番よね。

火照った体を冷やします。

冷えた体を温めたにも関わらず、冷ますという意味不明な行為。

人間って不思議です。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084441j:plain

 

色々あります。

大使は一つも使いません。

 

ランドリースペースもあるので洗濯もできます。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084547j:plain

 

たぶんレンジはココにしかないので、外で買って来ても温めるのはココだけかと~

f:id:gk-murai33-gk:20211230084648j:plain

 

館内にちょいちょい紐で縛られた石があるけど、これは意味があるのかしら。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084802j:plain

 

ZEN ROOMなるものも。

ちなみに二部屋あります。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084845j:plain

 

なかはこんな感じ。

扉を閉めることができて、心を落ち着ける場所なんでしょう。

座禅とかできるんかな?

たぶん外国人観光客は喜びそうです。

f:id:gk-murai33-gk:20211230084959j:plain

 

Shoくんがぜひ見て下さいと言っていた地産地消の文字。

うむ。

豪快である。

 

さて、このホテルの真骨頂。(勝手に思ってます。)

f:id:gk-murai33-gk:20211230085104j:plain

 

このメニュー

すべて飲み放題。

 

 

は?

 

 

ってなりません?

 

安心してください。

なりました。

 

ソフトドリンク、コーヒー類、そして生ビールと飛騨高山の厳選日本酒7種類。

 

 

すごいよ~

もれなく飲ませていただきました。笑

f:id:gk-murai33-gk:20211231200149j:plain

 

おなじみのお酒から、普段飲み屋ではお目にかかれないようなお酒まで。

飛騨の酒、全部美味しい!

泊まったら絶対に全部飲んでほしいな!

f:id:gk-murai33-gk:20211231200917j:plain


もちろん一杯からも飲めます。

和らぎもつけてくれるので安心してグビグビ飲めます笑

f:id:gk-murai33-gk:20211231201355j:plain

 

泡が消えておりますが、生ビールです。

これも宿泊代に入っておる。

f:id:gk-murai33-gk:20211231201451j:plain

 

このセットも入っておる。

すごくない?

すごすぎる。

 

 

そうそう、最初にラウンジで見かけた人は、丸山純平くん。

飛騨のホープであります。

そ、そしてもう一人いた。

f:id:gk-murai33-gk:20211231201608j:plain

 

もっくん!笑

ここで発覚した事実。

一個年上だった笑

 

飲み比べしてる。利き酒コンテストしております。

全然当たってなかったけどね。

「山車と思ったら久寿玉!」

とか言ってた笑

この人本当に面白い。

年の瀬に一緒に呑めて本当に嬉しかったなぁ。

f:id:gk-murai33-gk:20211231201957j:plain

 

純平は相変わらず落ち着きが役員クラス。

三人で初めて飲めたけれど、また一緒に飲みたいです〇

f:id:gk-murai33-gk:20211231203641j:plain

 

ラウンジの天井がおしゃれなんだな。

ずっと外から見ていたこの天井に近づけました。

f:id:gk-murai33-gk:20211231204123j:plain

 

しかしこのラウンジ素敵だな。

フロントから一段下がるあたりもいいですよね~

 

 

日付が変わって就寝。

次の日は…

f:id:gk-murai33-gk:20211231204508j:plain

 

ラウンジにて朝食から。

外は大雪。

今年はよく降るが、格子の間から見える雪が「飛騨高山」そのもの。

小京都なんて言われてますが、実際この景色は京都にはない。

飛騨高山しかないのです。

f:id:gk-murai33-gk:20211231204746j:plain

 

別料金の朝s...

いえいえ、

宿泊代に入っております。

 

こんなに出てくるとは思ってなかった。

お腹ポンポンです。

 

もちろん朝食でも飲み物は飲み放題。

 

 

ホテル側、おかしくなったか?

申し訳なくなるわ笑

 

 

 

さて岐阜県民!

おさらいしようぜ。

 

朝食付き一泊9,800円

岐阜県民割適用4,900円割引

適用後価格 4,900円

 

岐阜旅コイン2,000円

 

実質負担 2,900円

 

飛騨高山わくわく体験クーポン3,000円分付与

 

 

...

おつりがきた。

 

 

浴場入れて、ドリンク類生ビール日本酒含めて飲み放題。

豪華朝食付き。

 

 

 

えっと、泊まらない理由がありますか?笑

ないですね笑

 

この宿はチェックイン時間ちょうどからチェックアウトちょうどまでゆっくりする宿。

もちろん、

お酒を相棒にしながらね。

www.hotel-wood.com