勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

小左衛門は岐阜の宝

パフェの由来はパーフェクト、大使です。

 

 

先日飛騨を出てとある酒蔵へ。

岐阜県の”東濃”と呼ばれている地域に位置しています、

瑞浪市

へ行ってきました。

 

瑞浪市には岐阜県を代表する酒蔵が存在します。

個人的にも好きな酒蔵。

f:id:gk-murai33-gk:20200216132537j:plain

 

中島醸造株式会社

であります。

 

創業は1702年の元禄15年。

320年弱の歴史を誇ります。

 

代表銘柄は「始禄」「小左衛門」

であります。

 

現在市場に多く出回っているのは「小左衛門」です。

 

ちなみに「始禄」は元禄時代から造られ始めていたので「始禄」だそう。

「小左衛門」は創業者・中島小左衛門から。

 

どっちみち始禄も小左衛門もこの辺でしか買えないレア酒。

f:id:gk-murai33-gk:20200216161623j:plain

 

杉玉にパンチをかます駿河ボーイ。

髪の毛伸びすぎてシェシバタの柴田さんみたいな雰囲気。

 

いざ、敷地内へ!

f:id:gk-murai33-gk:20200216162620j:plain

 

入れば必ず目に入る大木。

エノキであります。

樹齢何年なんですかね。

伊勢湾台風の時にはすでに大きかったそうです。

 

酒蔵に入ったら受付が右にあるのでまずは訪ねましょう。

お酒が買える場所まで一緒に行ってくれます。(敷地内歩いて10秒)

f:id:gk-murai33-gk:20200216163728j:plain

 

どうやら試飲もできるようですが、運転でしたのでお預け。

呑めるイベント後で紹介します。

 

4合瓶としては若干高い価格設定ではありますが、美味。

岐阜に来たら一度は口にしてほしいお酒です。

 

大使は2本購入しました。

飲むのが楽しみですねー。

 

購入後外に出てみると駿河ボーイが気づきます。

f:id:gk-murai33-gk:20200216164257j:plain

 

エノキの根っこ。

ものすごい生命力。

木ってスゴイですね。

高山には巨木を愛する男がいますが、これを見ると彼の気持ちを少し分かる気がします。

アスファルトを浮かせ、下に根を張り、柔らかそうな所から顔を出す。

この根っこは塀の外まで繋がっていました。

 

 

中島醸造のHPはコチラ。

www.kozaemon.jp

 

「春の宴2020」が現地で開催されます。

5月2日(GW) 11時ー15時

5月3日(GW) 10時ー15時

5月4日(GW) 10時ー14時半

 

であります。

新酒のお披露目会です。

絶対に行きたい。

 

来月にはこんなイベントも。

www.meets-higashimino.com

 

東美濃の「お酒・食・うつわ」を体験できるイベント。

3月14日(土) 12時ー20時

3月15日(日) 12時ー17時

会場は名古屋市若宮大通公園若宮広場東

 

であります。

絶対に行きたい。

 

お得な前売り券をどうぞ。

 

 

個人的には、大人になり辛口を好む体に。

多治見の三千盛にハマっております。

www.michisakari.com

 

岐阜県のお酒はあまり生産量が多くありません。

小さい蔵で少ない石量で。

 

ちなみに酒蔵の生産量を表す「石量(こくりょう)」とは。

1石、2石...と表します。

500石といってもどれだけの生産量かパッときません。

1石=180リットル

一升瓶が1.8リットル

1石は一升瓶100本分ですね。

 

豆知識でした。

 

なので、岐阜のお酒はあまり世の中に出回りません。

ぜひ、呑みたい方は来岐阜してください。

 

お待ちしてます。