勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.09.18~

名古屋テレビ塔が本日リニューアルオープン、大使です。

 

 

こう勝手に観光大使を名乗っていると、

「大使って岐阜県で行ったことない場所ないでしょ?」

と言われることありますが、

 

「行ったことない場所まだまだたくさんありますよ笑」

 

と笑いながら言います。

 

 

 

 

岐阜県がどれだけ大きくてどれだけ素敵な場所があると思ってるんだ!

ありすぎて人生3回あっても全部行けないです。

 

 

そんな行ったことない場所へ先日行ってきました。

f:id:gk-murai33-gk:20200917102747j:plain

 

恥ずかしながら、岐阜タンメン

であります。

 

東海地方に18店舗(2020年9月18日現在)展開している人気店。

店舗:岐阜タンメン

 

 

なぜ今まで行ったことがなかったのか...

 

 

人気店なので連日大行列。

大使は行列に並んでまでラーメン食べないので行かなかったんですね。

 

 

いざ、食べてみると...

 

 

ん~

もつ鍋の〆のラーメンって感じですかね?

 

いやいや、とても美味しかったですよ!

トッピングや辛さの調整ができるので、あなたお好みのタンメンを作ってみてはいかがでしょうか。

大使はネギが好きなのでネギのせで注文しました。

 

美濃加茂店の店員さんはとても元気でお店の雰囲気が良かったですね!

並んでなければまた行きたいですね。

 

 

味もそうですが、このお店の物語が素敵。

ーーーーーーーーーー

岐阜タンメンの前身は愛知県稲沢市

屋号は「タンメン専門店板谷」で屋台のような店舗。

 

東海地方にタンメン専門店文化がなく、経営不振。

閑古鳥の日々が続き、閉店を考えていた際に岐阜市内で空き物件が見つかる。

 

店舗型のお店にしようと、屋号も「元祖たんめん屋」に。

 

するといつの間にか行列のできるお店に変貌。

 

~存続できたのは岐阜の人が足を運んでくれたから~

 

感謝の意味を込めて「岐阜タンメン」に屋号を変更。

ーーーーーーーーーー

 

どうですか!

諦めなかった結果が、今の店舗数と行列。

 

 

何かを変えるには環境を変化させるしかないんですね。

人生もそうなんですかね。

人間関係とか職場関係とかね。

 

 

今行き詰っている人は、環境変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

素敵な物語も詰まったお店でした。

ぜひ岐阜へお越しの際は立ち寄ってみて下さい〇

gifu-tanmen.com