勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

ボロボロの定食屋で国宝級のかつ丼を食べた。

最近暇でも毎日髭を剃っている、大使です。

 

 

定食屋。

何をイメージするでしょうか。

 

〇〇定食というメニューがあれば”定食屋”。

いいですね~

佇まいが古めであれば”定食屋”。

いいですね~

とにかく安いメニューならば”定食屋”。

いいですね~

 

人それぞれ定食屋の定義は違う。

それが定食屋なのかもしれないですね。

 

先日、ヨンイチ沿いのひさご食堂を紹介した後、僕のコーヒーコンシェルジュでありますyakata coffeeりょうすけさんから、「大使に行ってほしい定食屋さんがあります。」そんなことを言われました。

gifu.gifutaishi.com

 

ひさご食堂の記事はこちら ↑

 

 

りょうすけさんが言うならば、そして家族ぐるみで行っていた定食屋がこの世に存在するならば!行くでしょ!

f:id:gk-murai33-gk:20210528085107j:plain

 

芝ヶ瀬食堂

であります。

 

下呂~中津川を結ぶ国道256号線沿いに位置し、一見見逃してしまう佇まい。

しかし!

昼前に付いたはずなのに...駐車場は満車。

 

ただならぬ気配を入店前から感じます。

 

そもそもですよ、

・芝ヶ瀬

・芝が瀬

・芝ガ瀬

どれですかね?

 

Googleマップは、芝”ヶ”瀬でありますが、看板を見ると、”ケ”ではない感じ。

ん~、触れないほうがいいか笑

 

名前の由来は恐らくこの辺りを芝ヶ瀬と言うから。

バス停の停留所も”芝ヶ瀬”でした。

そして住所は”田瀬”であります。

 

入口の前へ行くと店内のすでに活気を感じます。

ホールにはおばちゃん一人しかいないですが、完全にホールリーダーばりの働き。

彼女はホールリーダーです。

f:id:gk-murai33-gk:20210528085931j:plain

 

懐かしいですね~!

この看板が「定休日」だった時の絶望感、色々な場所で味わいました。

よかった、営業してて。

 

それでは中へ入って行く~

f:id:gk-murai33-gk:20210528090148j:plain

 

大使の考える「THE定食屋」であります。

相席は当たり前、カウンターと厨房が分かれており、メニューは貼りだし方式、割箸はテーブルドン。

客層は、男性客9割女性客1割。

これぞ”田舎の国道沿い定食屋”であります。

f:id:gk-murai33-gk:20210528090420j:plain

 

ちょっと小さいけど、メニュー。

バラエティー豊富で、悩む。

非常に悩む。

いつもは唐揚げ定食を注文ですが、かつ丼も絶対頼んでおきたい。

あ、チキンカツもある...

 

リピート確定であります笑

 

結局かつ丼を注文。

 

 

誰かから見られている...

そんな気がしました。

見渡してみると...

f:id:gk-murai33-gk:20210528090643j:plain

 

ひばりだった。

 

芝ヶ瀬食堂に美空ひばり。

決してイコールで結ばれるものではありません。

 

え、来たことあるのかな?

なんやろ。

 

 

しばらくして友人のトンカツ定食到着。

f:id:gk-murai33-gk:20210528090755j:plain

 

お~

美しい。

食べてませんが、見るからに衣は薄め。

大きさの割にペロッといけちゃうパターンですね。

あと、なぜかトンカツの下にソースだったんです。

何かこだわりですかね?

上にかけると、下の衣までソースでベチャっとなるけども、下にかけておくことで上の衣はサクサクを最後まで維持できる。

 

そんなことを勝手に妄想していると、かつ丼到着。

f:id:gk-murai33-gk:20210528091051j:plain

 

見て、蓋つき。

この蓋が付いているだけでかなり興奮しますよね。

この下にはどんな容姿のかつ丼が...

f:id:gk-murai33-gk:20210528091206j:plain


お~!!!!!

優勝!

全岐阜かつ丼選手権ビジュアル部門で堂々の優勝。

たまごの感じが芸術でしかない。

ずっと眺めていたいのですが、熱いものは熱いうちに、美味しいものは美味しいうちに。

f:id:gk-murai33-gk:20210528091458j:plain

 

大使ブログ初!?

箸上げであります。笑

 

あ~、記事書いてて早くもリピートしたい欲が出てきています。

よだれも出てくる。

 

 

下味のしっかりついたカツがトロットロのたまごと絡み合い、もう口の中はマンマミーア。

グラッチェパンパンです。

もうここまでくると意味不明。

美味しいものを食べると余計な説明はできず、ただただ向き合うのみ。

 

 

マジで美味しいよ、これ!

「美味しい」しか出てこないのであります。

f:id:gk-murai33-gk:20210528091811j:plain

 

モツ煮も美味しいと聞きました。

このモツが少しくさいんです。

え?くさいの嫌?

いやいや、モツ煮ですから。

くさいと思って注文しますし、ホルモンのくささがないとモツ煮とは言えません。

くさくないモツ煮、もはやそれは「噛みきれないくさいやつ」であります。

においを感じたくないのであればどて煮でも頼んでくださいよ!

モツのくささを活かして、むしろ際立たせるような(いい意味で)味付けでないといけないのです。

 

ここはパーフェクトなモツ煮でした。

 

 

 

最高な定食屋でした。

外観で評価してはいけない。

定食屋はこれに限る。

でもボロボロの定食屋に入って評価もボロボロだったお店もありますから、運ですね笑

 

芝ヶ瀬食堂の目の前の道は何度も何度も通ったんですが、入らなかったな~。

入れなかったと言った方が正しいのかもしれない。

 

こうしてりょうすけさんから紹介がなければ行けてなかったと思います。

素敵なお店の紹介ありがとうございました!

 

またどこか素敵なお店があれば紹介お願いします〇

このブログを見ている皆さんもどこか素敵なお店があれば教えてくださいね~!

 

 

最高の定食屋、芝ヶ瀬食堂。

昼時は満席必至ですが、間を縫って行ってみて下さい!

昼しかやってないのでご注意を。