勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

岐阜市へのアクセスをご紹介!

来年のドラゴンズに期待しましょう、大使です。

 

 

久しぶりに岐阜県へのアクセスを紹介しましょう!

岐阜県は広い。

大きく分けると美濃地方・飛騨地方に分けられ、それぞれ美濃地方の中心が岐阜市、飛騨地方の中心が高山市。

それぞれへのアクセスを二日間で解説していきたいと思います。

 

岐阜市の中心は岐阜駅。

鉄道はJRと名鉄が乗り入れており、駅前は割と都会。

f:id:gk-murai33-gk:20211012213321j:plain

https://chihirog.com/gifu-citytower43/

 

夜景は特に美しく、名古屋方面は遮る建物がないので、光の絨毯が広がる。

 

さて、各大都市からのアクセスを紹介していきます!

※金額、所要時間等は目安です

※ ー新幹線 =在来線 ~バス

 

☆東京都☆

 

新幹線の場合:最速、楽

f:id:gk-murai33-gk:20211012215350j:plain

 

 東京駅ー名古屋駅=岐阜駅

 東京ー名古屋 新幹線約1時間40分 10,560円

 名古屋=岐阜 JR東海道線約20分 470円

合計 約2時間 11,030円

 

バス(昼行・夜行)の場合:安

f:id:gk-murai33-gk:20211012215540j:plain

 

 東京駅~名古屋駅=岐阜駅

 東京~名古屋 バス約6時間30分 2,000円~

 名古屋=岐阜 JR東海道線約20分 470円

合計 約7時間 2,470円~

 

この二択かなと。

文句なし楽なのは新幹線!

もうこれ一択と言っても過言ではないですが、我慢できる人ならバスも捨てがたい。

基本的に名古屋着ですが、そこから20分電車に乗れば岐阜駅に着きます。

バスの魅力はその安さ。

一番安いので来ることができれば、その差は1万円くらい。

その分現地で遊べるので悩ましいです。

スケジュールと相談ですね。

 

鉄道の鈍行で来られる方は頑張ってください!

 

☆大阪府☆

 

新幹線の場合:最速、楽

f:id:gk-murai33-gk:20211012215350j:plain

 

 新大阪駅ー名古屋駅~岐阜駅

 新大阪ー名古屋 新幹線約50分 5,940円

 名古屋~岐阜 JR東海道線約20分 470円

合計 約1時間10分 6,410円

 

近鉄の場合:安、楽

f:id:gk-murai33-gk:20211012220550j:plain

 

 近鉄難波~近鉄名古屋 特急約2時間15分 4,540円

 名古屋~岐阜 JR東海道線約20分 470円

合計 約2時間35分 5,010円

 

バスの場合:安

f:id:gk-murai33-gk:20211012215540j:plain

 

 大阪=名古屋 バス約3時間 1,500円~

 名古屋~岐阜 JR東海道線20分 470円

合計 約3時間20分 1,970円~

 

大阪からはたくさんの移動手段があります。

新幹線、近鉄、バス

その他頑張る人は鈍行。

やはり新幹線は早いですが、ここで注目したいのは近鉄。

書いてあるのは定価でありますが、金券ショップで株主乗車券を購入するともっと安くなります。

パッと調べて1,300円が出てきたのですが、それを適用すると近鉄は3,500円です。

快適性も含め、僕は近鉄を推します。

実際に大阪へ遊びに行くときは近鉄で行きます。

 

バスは安すぎ。笑

そしてそこまで時間がかからないので、やはり大阪は近いですね。

 

ちなみに、

大阪から岐阜駅を最短鈍行利用した場合。

乗換1回、約2時間15分、3,080円で行くことができます。

 

 

 

名古屋駅から岐阜駅は二本の路線が結んでおります。

・JR東海道本線

・名鉄名古屋本線

 

この二社の違いは明確。

JRは最短19分で結び、470円と安い。

名鉄は約30分、570円。

明らかに名鉄は劣勢だし、なんてったって名鉄名古屋駅が分かりにくすぎる。

慣れた人ならいいけれど、慣れてない人にとっては地獄である。

分かりにくすぎて名駅ならぬ”迷駅”と呼ばれております。

 

札幌、福岡、沖縄など飛行機を利用し、中部国際空港に降り立った場合は名鉄が圧倒的に有利。

中部国際空港から名鉄岐阜駅まで約1時間乗り換えなしで来ることができます。

 

名古屋駅を利用する場合は、JRを使用。

中部国際空港を利用する場合は、名鉄を使用。

 

これを押さえておけばOKです!

 

 

意外と名古屋までこればあと少し。

少しでも「行ってみよっかな~」って思った方はぜひ、この記事を参考にして遊びに来てください。

待ってますよ~〇

 

明日は、飛騨地方高山へのアクセス方法をご紹介!