勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

移住したい都道府県に岐阜県が...

yakata coffeeに豆を早く買いに行きたい、大使です。

 

 

1月8日に岐阜新聞ニュースに掲載されたトピックが個人的に万歳です。

www.gifu-np.co.jp

 

「住みたい田舎」10位以内に岐阜県から2市がランクインしたというニュース。

f:id:gk-murai33-gk:20220109080938j:plain

 

バンザーイバンザーイ!

素晴らしいことではないですか!

 

早速、上位にランクインしたのは、

・中津川市

・飛騨市

であります。

 

中津川市は人口5万人以上20万人未満のまちの「若者世代・単身者部門」で全国6位、東海地域では1位に。

 

 

ここからは岐阜新聞を引用。

 中津川市は人口5万人以上20万人未満のまち(173自治体回答)で、若者世代・単身者部門6位、子育て世代部門10位、シニア世代部門9位に入った。

 飛騨市は人口1万人以上3万人未満のまち(225自治体回答)で、若者世代・単身者部門6位、子育て世代部門6位、シニア世代部門5位に入った。

 東海4県の55自治体を対象とした東海地域では、若者世代・単身者部門で中津川市1位、飛騨市3位。子育て世代部門では中津川市2位、飛騨市3位。シニア世代部門で中津川市2位、飛騨市3位となった。

 

だそう。

 

ちゃんと評価されていて素敵だと思います。

評価されるという事は、評価されるだけの政策を実行しているという事ですね。

 

若者世代と単身者が中津と飛騨市を評価していること、子育て世代も評価している。

全く別の印象の2市ではありますが、割と似ている部分もあると思います。

 

中津は名古屋まで電車で通える距離だし、そこそこ大きな町です。

中央道のインターもあり、国道もあり、観光地も文化も山もある。

森林率は80%であります。

飛騨市も最寄りの大都市・高山まで鉄道で通える距離だし車でもすぐ行ける。

国道も通り、豊かな自然、観光地や文化もある。

森林率は93.5%という森林面積にも驚き。

 

でも、みなさん中津川を選んでくれていますが...

冬めちゃくちゃ寒いからね笑

そこは覚悟しなきゃいけないし、よく調べてね。

冬とか普通に高山よりも最低気温低い日たくさんあるし。

 

 

あと、読者アンケートによる「移住したい都道府県ランキング」で、岐阜県が初めて10位にランクイン。

f:id:gk-murai33-gk:20220109082959j:plain

 

わーいわーい

10位だ。

これもすごいことですよね~嬉しい。

むしろこちらの方が嬉しい。

都道府県魅力度ランキングが最後から数えたほうが早いのに、移住したい都道府県は上から数えたほうが早い。

f:id:gk-murai33-gk:20220109083203j:plain

 

なので山本一太群馬県知事に言いたい。

魅力度ランキングなんて本気で捉えるなよ笑

両方一致しているのなんて3道県しかないんだから。

 

魅力はないけれど、移住したい。

日本人どうなっとんねん。

 

まぁ岐阜県(東濃)には長くの目標がありますので、それに向けて頑張ってほしいのだ。

f:id:gk-murai33-gk:20220109083915j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20220109084121j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20220109084134j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20220109084159j:plain

 

僕たちが生きている間には無理でしょうけど笑