勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

山荘のラーメンと最高の温泉を楽しむ。

電車の前面展望動画が面白い、大使です。

 

 

旅気分にもなり、ブログ書く時の良いBGMにもなる。

そして極めつけには酒の肴として。

 

 

先日西穂高岳独標に登頂した記事を書きました。

とっても綺麗な景色が目の前に広がって、これぞ登山って感じの時間が過ぎました。

初心者向けの素敵な山。

 

その記事で紹介した西穂山荘の西穂ラーメン。

これが超絶美味しかったという話。

f:id:gk-murai33-gk:20210926135924j:plain

 

西穂山荘は想像よりも大きくて、ビックリしたのを覚えています。

建物に向かって左側、食堂とショップがあります。

f:id:gk-murai33-gk:20210926131525j:plain

 

どれも美味しそうですけど、一番人気は西穂ラーメン。

醤油と味噌とありますが、好きな方を食べて下さい。

独標からの帰り道で味の濃いのが食べたかったので味噌に決定。

 

山荘の周りではカレーライスの香りが圧倒的に多かった気がします。

 

 

5分ほど待ってラーメンが完成。

f:id:gk-murai33-gk:20210926135835j:plain

 

これこれ。

この記事で改めて見てみても美味しそうなのは変わらない~

 

このラーメンが想像を遥かに超える美味しさだった。

僕の中のラーメンランキングで堂々の1位に躍り出ましたよ。

 

 

ラーメンの麺には生麺を使用。

山小屋のラーメンでは非常に珍しい事だそうです。

なぜかと言うと、標高の高い場所は沸点が低いから。

ここは90℃らしいので、下界よりも茹で時間が短いらしい。

生麺は茹でる時間が多く必要ですが、高山ラーメンの極細ちぢれ麺を使用することでそれを解消。

独特のモチモチ食感になるわけです。

 

味噌スープは自家製。

少しピリッとするのが最高のアクセント。

信州みそを使用しているそう。

飛騨と信州の国境で奇跡のマリアージュです。

これほど美味しいラーメンは食べたことがない。

 

もちろん登山後の疲れた体とか、

f:id:gk-murai33-gk:20210926140305j:plain

 

こ~んな景色に囲まれて食べるので、そういう背景もあると思いますが、それを抜きにしても大変美味しいラーメン。

 

これで900円は本当に安いと思います。

まぁ初心者なので山小屋の相場が分かりませんが。

 

500mlのお水が300円していたので、それを考えても安すぎですよね。

下界で販売したらいったいいくらなんだ...

 

 

お土産用のラーメンも販売しているので気に入ればぜひお買い求めください!

 

 

ロープウェイで下に降りて真っ先に向かうは、温泉。

登山後や災害支援後の温泉って格別に気持ちいいんです。

 

そこで紹介するのが、新穂高ロープウェイ新穂高温泉口にほど近い「中崎山荘」です。

f:id:gk-murai33-gk:20210926141458j:plain

 

HPより

綺麗な外観です。

建物の規模の割に駐車場は少なめです。

f:id:gk-murai33-gk:20210926141548j:plain

 

白濁した硫黄泉がみなさんをお迎えするんです。

露天風呂も風情があります。

温度の高い源泉を冷やすにはほとんどの場所で加水が行われますが、ここは竹製の空冷装置で冷やしています。

気になる方は岐阜県の奥座敷まで行ってみて下さい。

最っ高のお湯に入ることができますよ!

 

ここの入湯料は一人900円。

割と高めですね。

だんだんと値上げされて今では900円。

 

しかし!

今回初めて覚えたことがあります。

f:id:gk-murai33-gk:20210926142132j:plain

 

飛騨J

であります。

 

受付で「高山市民(飛騨市民も?飛騨ナンバーならたぶんOK)です」って言えばもらえます。(住所確認できるものを持って行くことをオススメします。)

皆さん気になる「J」ですが、これは「地元割」の「J」らしいです。笑

 

地元割価格は700円。

200円安くなりますし、有効期限はありません~

 

とってもお得。

高山に住んでいる方、登山が好きな方、もらっておいて損はないと思いますよ~

 

 

ということで、西穂山荘の西穂ラーメンと中崎山荘の飛騨Jについての記事でした!