勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。

岐阜県観光大使のつれづれ~2020.04.19~

臥龍桜まだ満開にならないかな、大使です。

 

 

全国の鉄道ファン、鉄ちゃんの皆様、お待たせしました。

ついに大使自身で写真を収めることができました。

 

実際見てみると、かっこいいものです。

では、どうぞ。

f:id:gk-murai33-gk:20200416143254j:plain

 

HC85系

であります。

おでこが赤く光っております。

 

岐阜県が誇る鉄道路線高山本線の次世代特急です。

ちなみにHCはhybrid carの略です。

 

たぶん鉄ちゃんの方が詳しいので余計なことは言えませんが、今のところ国内初の電車になってくれるそうです。

なぜかというと、ハイブリッド式の鉄道車両で営業速度120㎞/hで走っている車両がないそうですね。

 

しかし、ご存知の方は多いかと思いますが、高山線内、カーブが多すぎて120㎞/hで走行できる場所が少なすぎるのであります。

f:id:gk-murai33-gk:20200416144523j:plain

 

シルバーであります。

最近の車両はほとんどシルバーですね。

高山線の特急と言えば、ワイドビューひだ。

真っ黒の車両でした。

f:id:gk-murai33-gk:20200416150021j:plain

 

かっこいい~

 

年数が経って燃費も悪いことながら、もう少しで引退が決まっているキハ85系

僕はこの車両を見て育ってきました。

高山線」といえば、ワイドビューひだであります。

 

まあでも世代交代は必要なことです。

環境によく、観光客に優しい車両になってくれるのであれば、それでいいのです。

f:id:gk-murai33-gk:20200416150553j:plain

 

現在の普通列車はこの形。

こちらはもう慣れました。

 

しかし、高山⇄岐阜間のロングシートだったときの絶望感。

感じたことある人多いかと思います。

f:id:gk-murai33-gk:20200416150857j:plain

 

試運転の文字が煌々と光っております。

まだ車内は見せてくれないようです。

楽しみはとっておきましょう。

 

2022年に本格導入されるそうです。

早く乗りたいな~

 

ーーーーーーーーーー

 

高山本線、おすすめです。

特に特急に関してはぜひ一生に一度は乗ってほしい。

 

特急で名古屋から高山まで最速約2時間半・6000円弱で飛騨高山まで来ることができます。

普通電車なら4時間弱・3500円弱、高速バスなら約2時間40分・3100円です。

ちなみに大阪までの直行便もあります。

 

これ見ると、「特急高いぜ!乗らね!」ってなる人いるかと思いますが、大使を信用して一度は乗ってみて下さい!

後悔はさせません!笑

 

 

春夏秋冬で景色が変わりますので、4回は乗らないとダメです。

車窓からの絶景をぜひ楽しんでほしいです。

 

岐阜駅から富山駅225キロを結ぶ高山本線

一瞬たりとも寝ることができない路線です。

 

 

現行の車両には引退前に絶対に乗りたいです。

 

あとJR東海に言いたいこと、期待することは、

もっとガッツリ観光列車導入してもいいと思います!