勝手に岐阜県観光大使

岐阜県民の岐阜県民による全国民のためのブログです。岐阜旅ソムリエです。

振り返るとよく食べた旅だった

そろそろスタッドレスに替えようかな、大使です。

 

 

少し前、3日間のお休みをいただき、今何かと話題があるしぞぉ~か県(静岡県)は熱海方面へ行ってきました。

そう、旅の相棒は、ゆーごくん。

何だかんだ毎年旅に行けてるね~これはこれで毎年の楽しみだ。

そして嬉しい。

 

さて、先日夜から雪が降った飛騨を飛びぬけます。

f:id:gk-murai33-gk:20211202210440j:plain

 

松本へ抜ける国道158号線からは「神」が。

おはようございます神。今日も美しいです。

 

幸先の良い出発でございます。

 

熱海への道で見られる神は3つ。

上の乗鞍岳と、

f:id:gk-murai33-gk:20211202211100j:plain

 

諏訪湖SAから見られる八ヶ岳。

おはようございます神。

何て美しいんだ。

 

そして、最後。

最後の神は、

f:id:gk-murai33-gk:20211202211532j:plain

 

Mt,Fuji

であります。

 

もう圧倒的な美しさと、圧倒的な存在感。

圧倒的な満足感です。

神を3体見られました。

幸先が良すぎる。

ちなみに昼飯は一茶の持ち帰りおむすびでした。

 

完璧です。

f:id:gk-murai33-gk:20211202211759j:plain

 

場所は限りなく熱海に近づき、十国峠。

本当に美しい場所です。

また来られて嬉しい。

f:id:gk-murai33-gk:20211202211921j:plain

 

宿泊はゲストハウスマルヤです。

マルヤと言えば、静岡麦酒であります。

美味しい。

f:id:gk-murai33-gk:20211202212314j:plain


マルヤ近くのお店、なんだっけ名前。

鶏満?だっけ?

 

ここのレバーが美味い。

店員さんはちょいちょいうざいけど、クセになる。(人による)

f:id:gk-murai33-gk:20211202212518j:plain

 

店員さんはうざいけど、レバーはうまい。

それでいいじゃないの。

本当に美味しいから行ってみて。

 

鶏満の後はいつものお店。

いつものように酔っ払って、いつものように歌う。

いつものような熱海がクセになる。

f:id:gk-murai33-gk:20211202212605j:plain

 

朝ごはんは熱海名物の干物。

目の前の干物屋青木さんで買いました。

美味かった。

朝から健康的に干物です。

f:id:gk-murai33-gk:20211202212919j:plain

 

そう、マルヤは先月飛騨に遊びに来てくれたたかのぶが働く宿。

熱海の定宿。

ゆーごさんにたかのぶを会わせることできて嬉しかった。

 

最高に楽しい滞在でした。

 

 

最初の案は2日目に伊豆半島一周しようって感じでしたが、予定は未定。

伊豆に足を踏み入れることなく後にしました笑

 

そして僕たちが出した案は、

「桜エビを食べたい」

 

桜エビの本場、由比へ行きました。

Googleマップから探し出したお店は、

f:id:gk-murai33-gk:20211202213230j:plain

 

さかえ食堂

であります。

f:id:gk-murai33-gk:20211202213554j:plain

 

ででん!

値上がり感がすごいメニュー!

それはさておき...店内へ。

 

テレビでバイキングが流れる中、注文したのは、

f:id:gk-murai33-gk:20211202213708j:plain

 

桜エビかき揚げ丼、生しらす付き

であります。

 

かき揚げがエゲツナイ...

デカすぎる...

 

ここで気が付く。

この旅では美味いものしか食べてない笑

これは幸せの病気になりそうだ。

 

 

桜エビのかき揚げはものすごい香り。

口い~っぱいに香りがすごい。

もうそれだけ。

f:id:gk-murai33-gk:20211202214349j:plain

 

対してこちらの生桜エビ。

こっちはそんなに香りがないんだね。

 

熱を加えるとあれだけ香りが立つなんて。

このエビはすごい。

本場で食べられて良かった~

f:id:gk-murai33-gk:20211202214833j:plain

 

食べた後は薩埵峠へ。

二日連続で富士山を愛でています。

 

そしてこの後は牧之原市へ。

二泊目は牧之原市の民宿もりまさ。

f:id:gk-murai33-gk:20211202215526j:plain

 

居酒屋も併設している民宿。

料理自慢の宿、出てきた料理をババっと載せていきます。

f:id:gk-murai33-gk:20211202215624j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20211202215707j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20211202215717j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20211202215732j:plain

f:id:gk-murai33-gk:20211202215741j:plain

 

ことごとく「海」を見せつけられました。

お昼には生桜エビ、夜には生しらす。

なんですかそれ!

たぶん日本で一番幸せな口です。

 

しぞぉーかおでんも食べさせていただいたり、煮付けも。

クリームコロッケは最上級に美味しかった。

f:id:gk-murai33-gk:20211202215952j:plain

 

食べて飲んで泊まれる!

めちゃくちゃお得のランチもやってますよ。

お近くの人はぜひぜひ食べに行ってみて下さい〇

 

二食付きで二人で16,000円ですが、なんと牧之原の観光商品券ってのが女将さんから出されて、それがなんと二人で6,000円分。

まじすか。

激安で泊らせていただきました。

ありがとうございました。

 

もりまささん目の前の海からは水平線が。

f:id:gk-murai33-gk:20211202220448j:plain

 

こんな海に近い場所で寝ていたのか...

恐ろしい...

 

山岳都市に住んでいる身としては新鮮な気持ちです。

ただ、海はもうお腹いっぱい。

 

 

次は(昼飯)しぞぉーかを代表するファミレスに行こうとしましたが、道の駅掛川へ寄ることに。

そこでなぜかこの人に会った。

f:id:gk-murai33-gk:20211202220652j:plain

 

ぎんじ。

久しぶりやなぁ。

毎度君は変な奴だ。

元気くれてありがとう。

 

15分くらいの時間だったけれど、また会おうぜ兄弟。

 

 

しぞぉーかでの最後の晩餐はここしかないのだ。

f:id:gk-murai33-gk:20211202220807j:plain

 

さ・わ・や・か!!!!!

見るだけで、いや、店内入った時のにおいだけでお客さんを幸せにするお店。

もう今では日本中で話題なわけで、いつかの10連休には御殿場インター店で520分待ちを記録。

意味不明であります。

そこまでだったらもうあきらめようぜ。

 

相変わらずの牛100%を感じました。

気が付けばこの旅初めて肉肉しい肉。

ほぼほぼ海鮮を食べ続けておりました。

 

こんなこと滅多にないね。

逆に嬉しいよ。

 

そして最後はしぞぉーか県民のソウルフードで締める。

 

 

ゆーごくん、一緒に旅してくれてありがとう。

楽しかったです。

また来年もうめ~もん食べに行く旅しような~。

 

出会ってくれたたかのぶ、ぎんじ。

ありがとう。

良いお年を!

 

 

何だかんだ2021年は2回も訪れたしぞぉーか県。

何かと縁があるね。嬉しい。

ということで、冬は暖かいしぞぉーかで仕事したいので誰か仕事ください笑

 

ということで、美味いものばかりを食べ続けた旅の振り返りでした〇